ログイン
山科醍醐こどものひろばTwitter 山科醍醐こどものひろばFacebook
⇒お問合せ⇒アクセス  
 

  ⇒山科醍醐こどものひろばについて
  ⇒課題と取組
  ⇒団体詳細情報
  ⇒アクセス
  ⇒お問合せ
  
  ⇒ボランティア
  ⇒講師派遣・見学など
  
  ⇒コラム
  ⇒動画など
  
  
  
  
トップ  >  コラム  >  Seihaのひとりごと:コッペパン120号(2007/06)〜131号(2010/03)  >  Seihaのひとりごと─峺上げればそこに青空」(コッペパン127号(2009/03)掲載)


Seihaのひとりごと─峺上げればそこに青空」(コッペパン127号(2009/03)掲載)

 
 
    見上げればそこに青空

 陽射しが明るくなってくると、自然にお外に出て空を見上げたくなります

 下ばかり向いていると気持ちがシュンとなってしまうけれど、ぐぅ〜んと伸びをして冬の間に縮こまった心と身体をリフレッシュさせてみましょう。

 見上げた空が青空だったら、その日一日なんだかとっても得した気分になりますね!

 【創作ノート】空の拡がり、気持ちの伸びやかさを表現したくて左上はあえて余白をたっぷりとりました(^-^)


 


 



 
プリンタ用画面
前
SeihaのひとりごとА嵜誉絃紂后Пの降る日もすべてひっくるめて人生上々」(コッペパン126号(2008/12)掲載)
カテゴリートップ
Seihaのひとりごと:コッペパン120号(2007/06)〜131号(2010/03)
次
Seihaのひとりごと「大丈夫 きっとうまくいく」(コッペパン128号(2009/06)掲載)

NPO法人山科醍醐こどものひろば kodohiro Project