ログイン
山科醍醐こどものひろばTwitter 山科醍醐こどものひろばFacebook
⇒お問合せ⇒アクセス  
 

  ⇒山科醍醐こどものひろばについて
  ⇒課題と取組
  ⇒団体詳細情報
  ⇒アクセス
  ⇒お問合せ
  
  ⇒ボランティア
  ⇒講師派遣・見学など
  
  ⇒コラム
  ⇒動画など
  
  
  
  
トップ  >  コラム  >  子どもはカレイドスコープ:コッペパン106号(2003/12)〜119号(2007/03)  >  子どもはカレイドスコープ「間違い探し」(コッペパン116号(2006/06)掲載)



子どもはカレイドスコープ「間違い探し」
        (コッペパン116号(2006/06)掲載)

 
 
 スクールカウンセラーの現場や短大で児童福祉を教えている中でいろいろ感じたことを「ゆっきー」が徒然なるままに書いているコラム。今回は「びわこ学生フェスティバル」について。

 滋賀県の大学と地域の相互交流を目的にした「びわこ学生フェスティバル」では各大学ごとにブースを出展しました。学生委員であるゆっきーは「なんか適当に折り紙コーナーでもやっておいてください」と委員会で依頼されました。「適当って何やねん!」とちょっとカチンとき、やるならおもろい企画して子どもたち集めるで! と意気込んで春休み中でしたが数名の学生を集め、せっせとブースの楽しい企画を考えました。

 「遊びの宝箱」と名づけたそのブースは、たくさんの子どもたちを集め大盛況。学生たちは次々と新聞やテレビの取材をうけ、「その気になったらこのぐらい楽勝じゃ!」と自分的にも超満足。翌日の新聞各紙(地方版ですが)にブースの様子が大きな写真で・・・ってこの記事、大きな間違いが2つ。写真の横に「手遊びをする学生」・・・これ、教員のあっしなんですが。まあそれはオマケするけど、「滋賀文教短期大学のブースで」って、うちは滋賀「文化」短期大学なんですが・・・。

 


 




 
プリンタ用画面
前
子どもはカレイドスコープ「教育とは何だろう?」(コッペパン115号(2006/03)掲載)
カテゴリートップ
子どもはカレイドスコープ:コッペパン106号(2003/12)〜119号(2007/03)
次
子どもはカレイドスコープ「ライブが大事」(コッペパン117号(2006/09)掲載)

NPO法人山科醍醐こどものひろば kodohiro Project