ログイン
山科醍醐こどものひろばTwitter 山科醍醐こどものひろばFacebook
⇒お問合せ⇒アクセス  
 

  ⇒山科醍醐こどものひろばについて
  ⇒課題と取組
  ⇒団体詳細情報
  ⇒アクセス
  ⇒お問合せ
  
  ⇒ボランティア
  ⇒講師派遣・見学など
  
  ⇒コラム
  ⇒動画など
  
  
  
  
トップ  >  コラム  >  Seihaのひとりごと:コッペパン120号(2007/06)〜131号(2010/03)  >  SeihaのひとりごとΑ崙察Г劼燭垢蕕房分を信じて」(コッペパン125号(2008/09)掲載)


SeihaのひとりごとΑ崙察Г劼燭垢蕕房分を信じて」(コッペパン125号(2008/09)掲載)

 
 
    道:ひたすらに自分を信じて

 暑かったこの夏、先頃開幕した北京オリンピックでは各選手たちから感動をたくさん頂きました。どの選手もこの日の為に相当な練習を積んでこられたでしょうが、オリンピックという大舞台、そのプレッシャーも計り知れないものがあったでしょう。

 その中でも結果につなげていった選手たちからは、他の人に負けない練習を重ねてきた事、挫折を乗り越えてきた自分、支えてくれた家族、恩師ら周りの人々を想い競技したという言葉が聞かれました。

 進むべき道を見つけたならば、自分を信じて努力を重ねていきたいものです。

 


 



 
プリンタ用画面
前
Seihaのひとりごとァ峙△蠅燭なったよ」(コッペパン124号(2008/06)掲載)
カテゴリートップ
Seihaのひとりごと:コッペパン120号(2007/06)〜131号(2010/03)
次
SeihaのひとりごとА嵜誉絃紂后Пの降る日もすべてひっくるめて人生上々」(コッペパン126号(2008/12)掲載)

NPO法人山科醍醐こどものひろば kodohiro Project