ログイン
山科醍醐こどものひろばTwitter 山科醍醐こどものひろばFacebook
⇒お問合せ⇒アクセス  
 

  ⇒山科醍醐こどものひろばについて
  ⇒課題と取組
  ⇒団体詳細情報
  ⇒アクセス
  ⇒お問合せ
  
  ⇒ボランティア
  ⇒講師派遣・見学など
  
  ⇒コラム
  ⇒動画など
  
  
  
  
トップ  >  コラム  >  Seihaのひとりごと:コッペパン120号(2007/06)〜131号(2010/03)  >  Seihaのひとりごとァ峙△蠅燭なったよ」(コッペパン124号(2008/06)掲載)


Seihaのひとりごとァ峙△蠅燭なったよ」(コッペパン124号(2008/06)掲載))

 
 
    帰りたくなったよ

   水野良樹作詞
   帰りたくなったよ 君が待つ家に
   聞いて欲しい話があるよ
   笑ってくれたら嬉しいな


 映画『砂時計』の主題歌として『いきものがかり』が歌っているこの曲の歌詞が心に響きました。
 つらい事、嫌な事があっても、家に帰って色々話せる、聞いてもらえる相手がいる…。そう思うだけで、その状況もなんとか乗り越えていく勇気が出せるのではないでしょうか?

 自分の『素』が出せてほっとするそんな居場所があれば、もっともっと笑顔が溢れる世の中になっていくのでしょうね。帰ってくる家族を笑顔で迎えられるそんな自分でありたいなと思っています。


 


 



 
プリンタ用画面
前
Seihaのひとりごとぁ峪を重ね自分の色を探していこうね」(コッペパン123号(2008/03)掲載)
カテゴリートップ
Seihaのひとりごと:コッペパン120号(2007/06)〜131号(2010/03)
次
SeihaのひとりごとΑ崙察Г劼燭垢蕕房分を信じて」(コッペパン125号(2008/09)掲載)

NPO法人山科醍醐こどものひろば kodohiro Project