ログイン
山科醍醐こどものひろばTwitter 山科醍醐こどものひろばFacebook
⇒お問合せ⇒アクセス  
 

  ⇒山科醍醐こどものひろばについて
  ⇒課題と取組
  ⇒団体詳細情報
  ⇒アクセス
  ⇒お問合せ
  
  ⇒ボランティア
  ⇒講師派遣・見学など
  
  ⇒コラム
  ⇒動画など
  
  
  
  
トップ  >  コラム  >  Seihaのひとりごと:コッペパン120号(2007/06)〜131号(2010/03)  >  Seihaのひとりごと◆嵜瓦飽譴通鸞があればいい」(コッペパン121号(2007/09)掲載)


Seihaのひとりごと◆嵜瓦飽譴通鸞があればいい」(コッペパン121号(2007/09)掲載)

 
 
    心に一つ約束があればいい

   高等学校合唱コンクール課題曲『言葉にすれば』より
   ゴスペラーズ・松下耕 共同制作
   作詞・作曲 安岡優(やすおかゆたか)

 誰にでも、「こうしよう!」と心に秘めた約束ってあると思います。でも、その約束を貫き通す事がまた難しい…。
 日常のしがらみや、忙しさ、その他いろいろの理由をつけて逃げている部分がありますよね。だからこそ人間なのでしょうが。口にこそださないけど静かに心の奥にひとつの約束を持っている人は、何か人生において一本筋が通っていて魅力的です。

 私もどんな小さな約束でも守れる大人でありたいと思います。


 


 



 
プリンタ用画面
前
Seihaのひとりごと 屬曚藹侏茲燭笋鵝廖淵灰奪撻僖120号(2007/06)掲載)
カテゴリートップ
Seihaのひとりごと:コッペパン120号(2007/06)〜131号(2010/03)
次
Seihaのひとりごと「大事なものはここに」(コッペパン122号(2007/12)掲載)

NPO法人山科醍醐こどものひろば kodohiro Project