ログイン
山科醍醐こどものひろばTwitter 山科醍醐こどものひろばFacebook
⇒お問合せ⇒アクセス  
 

  ⇒山科醍醐こどものひろばについて
  ⇒課題と取組
  ⇒団体詳細情報
  ⇒アクセス
  ⇒お問合せ
  
  ⇒ボランティア
  ⇒講師派遣・見学など
  
  ⇒コラム
  ⇒動画など
  
  
  
  
ひろばニュース
ひろばニュース : コラボ企画:JAMMINさんとチャリティTシャツ
投稿者 : 広報部 投稿日時: 2017-02-06 07:00:00 (241 ヒット)

【山科醍醐こどものひろばの想いをデザインに。】

このたび京都のチャリティ専門ファッションブランド
JAMMINさんのご協力で、1週間限定のチャリティTシャツ・ウェアの販売を行います。期間は「2月12日まで。」

JAMMINさんは、毎週応援するNPO/NGOの想いからデザインを起こし、ウェアを制作され1週間限定で販売し、その売上からチャリティ(1点につき700円)をされています。これまでも多くの団体を応援されています。そして今週は、山科醍醐こどものひろばを選んでいただきました。
 販売自体はこの1週間しかありませんので、ぜひご購入いただければうれしいです。

JAMMINNさんコラボページ→
http://jammin.co.jp/charity_list/170206-kodohiro/

JAMMINN購入ページ→
http://jammin.co.jp/shop/

FACEbookイベントページ→
https://www.facebook.com/events/100259167162478/

--
今回、ウェア制作にあたり、JAMMINさんには、スタッフへヒアリングをしていただきました。その内容を元に今回デザインが起こされています。そしてそのデザインコンセプトは、

ー “Sharing smile with your neighbor maks the world a better place”、「笑顔を隣人と分かち合えば、世界はもっと良い場所になる」。

笑顔は人と人をつなぐ魔法。「おはよう」、「こんにちは」、「ありがとう」そんな身近で小さなところから、世界をちょっとずつよくしていこうという山科醍醐こどものひろばの思いをこの言葉に込めました。
フェスTシャツっぽいデザインにしたのは、フェスのワクワクドキドキ感と、山科醍醐こどもひろばの活動やイベントのワクワク感・楽しみ感が近いと感じたから。

モチーフとなっている様々なかたちのテントは、子ども一人一人がそれぞれのステージの主役であることを表現しています。少しずつ春が近づき、暖かくなってきたので、フェスTシャツとしても1枚どうですか?ー(JAMMINさんホームページより)

あわせてスタッフへのヒアリングをまとめた活動紹介記事も掲載されていますので、こちらもあわせてお読みください。

「地域で子どもを見守り、育てる。家族の団らんを再現した「ごはん会」〜NPO法人山科醍醐こどものひろば」http://jammin.co.jp/charity_list/170206-kodohiro/

みなさま、ご購入宜しくお願いいたします。(広報協力も歓迎です。)

Tシャツ・ウェアなどの購入はこちらのリンク先から。
http://jammin.co.jp/shop/

※なおホームページなどからのお申込ができない方は、2月11日までに、メールにて山科醍醐こどものひろばにお申込みいただければ、ご対応させていただきます。(件名にチャリティウェア購入の件とし、本文にお名前、ご希望のウェア(商品名:アルファベット)、色、サイズ、注文数)、商品のお届け先、確認のお電話番号、メールアドレスをご記入ください。)


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
NPO法人山科醍醐こどものひろば kodohiro Project