■ プライバシーポリシー ■ お問合せ
NPO法人山科醍醐こどものひろばの子どもの貧困課題に対する取り組み

 



 特定非営利活動法人 山科醍醐こどものひろばは2005年から家庭や学校に何かしらの事情があって「しんどい」と感じている子どもたちに向けて、子どもたちが活動を通して自分に自信をもってもらう(自己肯定感を高める)ことを目的とした活動・事業を開始しました。

 現在、「子どもの貧困」が取りざたされている社会で、ひとりでも多くの子どもたちが、より良い「子ども時代」を過ごせるよう、私たちのこれまでの活動を発信・紹介したいと考えます。


沿革

  • 2005年
  •        事情を抱えた子どもたちに対する事業(楽習サポート事業)立上げ
  •        家庭訪問型「のびのび@ほーむ」 開始
  • 2007年
  •        近畿ろうきんNPOアワード奨励賞受賞
  •        参加型モデル事業開始
  • 2008年
  •        京都新聞「福祉活動支援」助成
  •        参加型「のびのび@ひろば」開始
  • 2009年
  •        家庭訪問型「のびのび@ほーむ」休止
  •        参加型「のびのび@ひろば」 定員拡大
  •        ブログがスタート
  • 2010年
  •        こども生活支援センター開設
  •        夜の子どもたちの支援
  •        事業指定寄付
  • 2011年
  •        個別学習支援型「のびのび@ら~にんぐ」 中3学習会
  • 2012年
  •        醍醐事務所
  •        ほっとタイムえんぴつ
  •        なくそう子どもの貧困全国ネットワーク
  • 2013年
  •        ひとり親家庭への生活・学習・居場所サポート事業開始
  •         (京都府「ひとり親家庭のこどもの居場所づくり事業」補助)
  •        醍醐中3学習会開始(京都市ユースサービス協会連携事業







活動報告ブログ


ブログによる活動報告