台風21号接近に伴う活動中止及び閉館について

平素は私ども山科醍醐こどものひろばの活動に、ご支援・ご理解を賜り誠にありがとうございます。

さて、9月3日(月)現在、台風21号が北上し、明日9月4日(火)お昼頃から京都に接近する見込みです。
そのため、参加者、スタッフ等の安全を考慮し、明日に予定している活動を全て中止とさせていただき、
げんきスポット0-3及び山科事務所・こども生活支援センターを閉館させていただきます。
ご連絡につきましては、メールにてお願いいたします。
皆様には大変申し訳ありませんが、ご理解いただきますようお願い申しあげます。

中止の活動
・げんきスポット0-3
・楽習サポートのびのび
・中3学習会(小来栖)

台風20号接近に伴う活動中止のお知らせ

平素は私ども山科醍醐こどものひろばの活動に、ご支援・ご理解を賜り誠にありがとうございます。

さて、8月23日(木)現在、台風20号が北上し、本日夕方から24日(金)にかけて京都に接近する見込みです。
そのため、参加者、スタッフ等の安全を考慮し、本日夕方以降に予定している活動を全て中止とさせていただきました。
参加を楽しみにしておられた皆様には大変申し訳ありませんが、ご理解いただきますようお願い申しあげます。

中止の活動
・楽習サポートのびのび
・中3学習会(醍醐)
・四ノ宮祭り出店
・ぽっぷ・こーん「うらしまたろうさ~ん!~狙え!大臣のイス~」四ノ宮祭り公演
※再演等に関しては未定です。詳しくはブログをご確認ください。

夏季休業日について

平素は私ども山科醍醐こどものひろばの活動に、ご支援・ご理解を賜り誠にありがとうございます。
さて、誠に勝手ながら下記の期間を夏季休業日とさせていただきます。
期間中の事務局へのお電話・メールでのお問合せは 2018 年 8 月 20日(月)より順次対応させていただきます。
ご不便をおかけすることと存じますが、何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

【夏季休業日】
山科事務所・こども生活支援センター
8/11(土)より8/19(日)まで

げんきスポット0-3
8/11(土)より8/16(木)まで

げんきスポット0-3への電話連絡について

平素は私ども山科醍醐こどものひろばの活動に、ご支援・ご理解を賜り誠にありがとうございます。
さて現在、げんきスポット0-3の電話が不通状態です。
お手数をお掛けしますが、ご連絡の場合は
メール(kodohiro☆gmail.com)
※@が☆になっております。
または事務局電話(075-591-0877)までご連絡ください。
ご不便をおかけしますが、ご理解よろしくお願いいたします。

※7/31(火)16時30分現在
電話の不通が解除されました。
大変ご迷惑をおかけしました。

7/11、7/25センター休館のお知らせ

平素は私ども山科醍醐こどものひろばの活動に、ご支援・ご理解を賜り誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら7/11(水)、7/25(水)を内部研修のため
全日休館させていただきます。
ご連絡はメールでお願いいたします。
ご不便をおかけすることと存じますが、何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

山科醍醐こどものひろば 事務局

近畿ろうきん「社会貢献預金(笑顔プラス)」のご紹介

今回は、近畿ろうきん様の社会貢献預金のご紹介です。

“近畿ろうきんの社会貢献預金(笑顔プラス)は、お客さまのご預金を通して、近畿2府4県で子ども支援、被災地支援・防災、国際協力、障がい者生活支援、女性・マイノリティ支援、環境保全などを行っている各分野のNPO団体などの活動を応援するものです。”

この応援いただく団体に、山科醍醐こどものひろばも参加させていただいております。

よろしくお願いします!

社会貢献預金(笑顔プラス)

げんきスポット0-3が移転します!

地域子ども・子育て拠点「げんきスポット0-3」移転プロジェクト 

地域の0歳から3歳の子どもとその家族が一緒につどう場として、2007年から運営をしている「げんきスポット0-3」

京都府の補助事業から京都市の委託事業となり、この11年間、週5日間毎週のように開設し、毎日多くの親子が利用してくれています。
その間、開設当初の拠点は耐震の問題で移転となりました。その際、なかなか条件に見合う物件と出会うことができず、この2年間は今の大家さんのご厚意もあり、なんとか運営をさせていただいておりました。そして今月で現在利用している物件の契約が終了することになりました。このたび2度目の移転となりますが、なんとか移転先となる物件とであうことができ、4月5日のオープンを目指し、これから改修、清掃、引越しといった作業を約1ヶ月間、スタッフや会員のみなさん、そしてボランティアのみなさんに協力いただきながら行っていきます。

そこで、この間移転資金の積立も行なっておりましたが、やはり改修や設備、配線工事などにも大きな費用がかかるため、移転プロジェクトとして、寄付の募集を行っていくチャレンジをJAPANGIVINGさんのページで立ち上げました。

目標は100万円と大きいですが、一戸建ての物件の改修となり費用も大きくなることが見込まれるので、なんとかチャレンジを達成していきたいと思っておます。これからも多くのみなさんにきていただける「げんきスポット0-3」をつくっていきたいと思いますので、応援宜しくお願いいたします。

地域子ども・子育て拠点「げんきスポット0-3」移転プロジェクト キャンペーンページはこちら
https://japangiving.jp//campaigns/33788

いただいた支援金は、
①げんきスポット0-3の整備(クロス・床板の張替え、エアコン設置、配線工事など)
②備品の購入(本棚、絵本、おもちゃなど)
③安全対策(玄関・階段の手すり設置、防犯カメラ、耐震工事など)
に使用させていただきます。

 

※写真などは上記のプロジェクトページブログ

新刊発行のご案内”まちの子どもソーシャルワーク”

前理事長の幸重忠孝と理事長村井が前作『子どもたちとつくる貧困とひとりぼっちのないまち』に続く第2弾として、前作からの4年半の活動をまとめた『まちの子どもソーシャルワーク』が発刊されました。予定より大幅に販売がずれ込みご迷惑もおかけしましたが、なんとか完成となりました。出版にあたりかもがわ出版様には大変お世話になりました。

現在はかもがわ出版のホームページと山科醍醐こどものひろば事務所にてお取り扱いしております。また幸重や村井がお引き受けさせていただいております講演会時などでお声かけいただければ、持参分は販売できますので、気軽にお声かけください。かもがわ出版ホームページでお求めいただくと送料は無料!です。

amazonからも購入(2月2日までは予約注文)できますので、ぜひお買い求めください。またシェアなどの広報へのご協力も大歓迎です。

 

お買い求めはこちら

かもがわ出版
http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/ma/0924.html

Amazon

amazonの書籍ページへ

 

ご購入、広報へのご協力宜しくお願いいたします。

地域連携事業

山科醍醐こどものひろばは地域のさまざまなイベントに協力させていただいたり、いっしょにイベントをつくったりと、いろんな団体さんと、ちょっとしたお手伝いから、ガッツリとした連携まで幅広く一緒に活動しています。

 

【これまでにご一緒した活動など】

●子どもの文化フォーラム(子どもの文化フォーラム実行委員会)
●手づくり わらじ市(山科商店会)
●清水焼の郷まつり(清水焼団地)
●ぐるっとふれ愛まちフェスタ
●やましな区民まつり(山科区人づくりネットワーク)
●水と灯りのシンフォニー(伏見東(醍醐)人づくりネットワーク)
●山科醍醐東山人形劇フェスティバル
●山階夏祭り(山階小学校PTAなど)
●宮山キッズサマーフェスタ
●みややまっこ夏のつどい
●醍醐いきいきフェスタ(醍醐いきいき市民活動センター)
●エコって、デコっていきセンジャー(醍醐いきいき市民活動センター)
●やましな親子DEフェスタ(山科子育て応援団)
●山科かるた(東山ロータリークラブ)
●お寿司教室(銀のさら」)
●ヤマダイ探偵団四ノ宮祭りがてえへんだ!の巻(四ノ宮祭)
●子どものまちミニ京都(ミニ京都実行委員会)
●リコーダーアンサンブル「ピッコリ―ナ」(各施設・保育所・小学校など)
●人形劇サークル「ムクムク」(各保育所・児童館・小学校など)
●演劇部「ぽっぷ・こーん」(各種イベントなど)

子どもの貧困対策事業

山科醍醐地域で決して少なくない「子どもの貧困家庭」の子どもに対して,いろんなサポートを実施しています。

●楽習サポートのびのび
自分がうまく出せない。自信がない。学校にも居場所がない。家庭に事情を抱えている。

でも、行政のサービスが受けられるような重度の課題を抱えているわけではない・・・
そんないわゆるグレーゾーンの環境にある子どもたちへ取り組みます。

・生活支援プログラム「らいふ」
さまざまな事情(夜間就労・病気・介護・子どもの発達)に関して悩んでおられる家庭の、夕方から夜の子育てをサポートします。
・学習支援プログラム「ら~にんぐ」
発達障害や不登校など、集団学習がしんどいと感じている子どもの学習を支援します。サポーターがマンツーマンで一緒に学習に取り組みます。
・余暇支援プログラム ほか

 

 

 

●ごはんかい
「地域で団らん」をテーマに地域の子どもや大人が集まり、食事、遊びなど同じ時間を過ごすことで、顔見知りや友達になり、地域で過ごす中で声をかけ合えたり、地域の人同士がつながれるようなきっかけづくりの活動です。

 

 

<休止または終了した活動・プログラム>

●楽習サポートのびのびのプログラム
のびのび朝食支援型「のびのび@モーニング」、家庭訪問型「のびのび@ほーむ」

●ほっとタイム えんぴつ
地域の小学校で、放課後に家でひとりで過ごすことの多い子どもたちと一緒に、宿題をしたり話し相手となったりしながら、安心できる居場所づくり・学習支援を行う活動